血液の問題

2012-12-12



血液が汚れていたり血行が悪かったりして
ニキビができやすい人もいます。
皮脂分泌を過剰にする食生活や生活習慣は、血液循環も悪くします。
東洋医学でいうところのお血という状態で
コレステロールや中性脂肪が過剰になり
血液が粘っこくなって血行が悪くなっているのです。

また生活習慣や食生活の乱れは、肝臓を弱らせます。
肝臓の解毒機能が阻害されると
解毒し切れなかった毒素が血液に入り込んで、汚れた血液が体中を巡ることになります。

皮膚の汗腺や皮脂腺は、汗や脂肪を排泄する排泄器官です。
血液が汚れると、皮膚はこの排泄器官を使って
体内の老廃物・毒素を排泄しようとします。これがニキビや発疹となって現われるのです。

また、肝臓には栄養素を貯蔵する働きもあります。
この機能が阻害されると、皮膚の再生やターンオーバーがうまく行われず
ニキビを作りやすくなるのです。


Share on Facebook