日常の予防

2012-12-12



背中は、皮脂分泌が多く汗をかきやすい部分です。
ですから、背中ニキビの予防には、清潔にすることが大切になります。
汗をかいたら、こまめにシャワーで流したり
入浴の際は丁寧に洗ってしっかり流しましょう。

背中ニキビの原因の一つに、シャンプーやリンスの残渣があります。
入浴の順番を、髪を洗った後に体を洗うようにすると
シャンプーの成分を残すことがなくなります。
背中は手が届きにくい所ですが、ボディシャンプーも十分洗い流しましょう。

背中を洗う時は、ボディブラシやタオルで石鹸をよく泡立てて洗います。
泡で洗うと、毛穴の皮脂を溶かし出してくれますので
ゴシゴシ洗って皮膚を刺激しなくてすみます。
ブラシやタオルも、天然素材の肌に優しいものを使用します。
水分を拭く時も擦らず、最後に保湿をしっかり行いましょう。

下着は締め付けがなく、吸水性や通気性のよい天然素材のものが最適です。
またシーツや寝具を清潔にし、通気性をよくする工夫も必要です。
就寝中の背中は蒸れやすくなることを忘れないようにしましょう。


Share on Facebook