食事を見直す

2012-12-12



食事は体を作る基本、肌を作る基本です。
背中ニキビを予防するには、ニキビを作りにくい体を作ることが大事です。
外からどんなによいケアをしても、内面がニキビ体質では効果はありません。

背中の皮脂分泌を増やさないためには、日頃の食事で
脂肪や糖分を抑えることが必要です。
インスタント食品や脂物を減らし、ビタミン・ミネラルや食物繊維
酵素の豊富な野菜類を多く摂りましょう。

これらの食品は、血液をサラサラにして新陳代謝アップにも繋がりますので
ニキビを作るもう一つの要因、古い角質が溜まることも防ぎます。
また、便秘予防にもなり、血液を汚すこともなくなります。

新陳代謝を上げて肌の再生を促進するには
肌作りに必要なたんぱく質やビタミン・ミネラルを食事から
積極的に摂ることも必要です。
ビタミンAの豊富なウナギ、緑黄色野菜、ビタミンB群のレバーや卵
ビタミンCの柑橘類や野菜、そして亜鉛を含むカキなどの魚介類が
ニキビ予防に効果的です。


Share on Facebook