表皮で行われてること

2012-12-11



私たちの皮膚は、上から表皮、真皮、皮下組織の3層でできています。
このうちシミ・そばかすに関わるのは主に表皮で、厚さはわずか0.2ミリです。
表皮はさらに皮脂膜、角質層、顆粒層、有棘層、基底層から成っています。

表皮の一番下にあって真皮と接している基底層は
ケラチノサイトやメラノサイトなどの細胞で構成されています。
表皮には毛細血管はありませんので、表皮細胞は真皮を通して栄養を受け取ります。

ケラチノサイトは細胞分裂を行い
新しくできた細胞が有棘層、顆粒層と移っていき、角質層に達します。
そして、角質層の最も上に達した角質細胞は剥がれ落ちていきます。
ここまでに普通28日かかり、これをターンオーバーと呼んでいるわけです。

ケラチノサイトで作られた細胞は、角質層に達した時には
核(遺伝子DNA)やミトコンドリアといった細胞器官がなくなり
ケラチン線維だけになります。
ケラチンは層状になって角質層を形成し
ケラチン線維の間はセラミドというたんぱく質で結合され
表皮の水分を保持しています。

Share on Facebook