活性酸素

2012-12-11



そもそも活性酸素とは
私たちの体が酸素と栄養素からエネルギーを生成する時に発生するものです。
適量の活性酸素であれば、体内に侵入してきた有害物質を殺菌するために使用され
体に害を与えることはありません。

しかし、過剰な活性酸素は逆に細胞を傷つけます。
大量に活性酸素を発生させる要因は、紫外線だけではありません。
ストレスや喫煙、激しい運動などでも大量に発生し、シミを作るもとになります。

活性酸素はチロシナーゼ酵素を活性化して
メラニン色素を大量に作り出します。同時に色素細胞のDNAを傷つけるため
正常な働きができなくなった細胞は
過剰なメラニン色素を作りシミを発生させることになります。

また、紫外線は表皮の皮脂を酸化して過酸化脂質に変えます。
過酸化脂質は肌に強い刺激を与えますので、そこに活性酸素が発生し
再び皮脂を酸化させる、という悪循環ができあがります。

過酸化脂質がたんぱく質と結び付くと
リポフスチンという老人性色素斑ができます。
若い人にもできるもので、顔だけでなく内臓など全身にできます。
リポフスチンの蓄積量で老化の程度がわかるため、「老化の指標」とされています。


Share on Facebook