過剰な刺激

2012-12-11



皮膚は何らかの刺激を受けた時
大なり小なり炎症を起こして活性酸素を発生します。
日常的なちょっとした刺激、たとえばニキビをつぶしたり
ゴシゴシ洗顔したり、強いマッサージなどで活性酸素が発生し
その刺激でメラノサイトからメラニン色素が生成されてしまうのです。

マッサージやピーリングも、やり過ぎると肌に与える摩擦刺激は結構大きいものです。
肌を美しくしたい思いが、逆にシミの原因を作っているかもしれません。
強い摩擦が繰り返されると、真皮まで炎症を起こし
頑固なシミとなってしまう危険性があります。

また、化粧品の色素や香料
防腐剤などの合成化学物質が炎症を引き起こすことがあります。
最近はほとんどないのですが、鉱物油入りの化粧品によって
鉱物油の酸化で黒皮症を引き起こすことがあります。

Share on Facebook