肝機能を高める

2012-12-11



肝臓が機能低下を起こすと、汚れた血液が体中を巡ることになります。
新陳代謝が低下して、肌にメラニンが沈着しやすくなります。
また、黒色メラニンを抑制するグルタチオンの合成力も衰えるため
肌の黒ずみやシミを作ることになります。

肝機能を弱らせないためには、肝臓を酷使しないことです。
肝臓の大きな働きに解毒作用があります。
つまり、体にとって害になるものをなるべく摂取しないことが大切です。
過食やアルコール、食品添加物の過剰摂取は控えましょう。

食後に30分ほど横になると、肝臓の血流が増えて肝臓の負担を軽くします。
また、ストレスは肝臓をはじめ内臓の血流を悪くしますので
肝臓のためにもストレス解消はいいことです。
睡眠不足も、肝臓が休んだり血液をキレイにする時間を奪ってしまいます。

また、肝臓にいい食品を摂りましょう。
ウコンやタウリンはアルコールの分解や胆汁の分泌を促進し
オルニチンはアンモニアの解毒を促進して肝臓を助けます。

タウリンやオルニチンは、シジミやアサリなど魚介類に多く含まれます。
グルタチオンはレバーや肉類、酵母などに含まれますが
熱に弱いためサプリメントで摂ったほうが効率的です。


Share on Facebook