毎日のスキンケア

2012-12-11



皮膚に刺激を与えると活性酸素が発生して、メラニンが作られます。
ですから、シミ対策を考えるならば特に、毎日の洗顔やスキンケアでは
くれぐれもこすり過ぎないことが大切です。

スキンケア化粧品には、合成界面活性剤、香料、色素
防腐剤(パラベン)などが含まれていないものを選びましょう。
また、オイル系は過酸化脂質に変化しやすいので
クレンジングはノンオイルが理想的です。

洗顔料は、弱酸性のアミノ酸系が刺激が少なく
必要以上に角質を除去しません。
角質を剥ぎ取りすぎると
それを埋めようとして角質が増え、結局角質が厚くなってしまうのです。

スキンケアの基本となるクレンジングや洗顔は
こすらないことが鉄則です。
洗顔料をたっぷり泡だてるのも、摩擦を少なくするためです。

化粧水やクリームは、基本の保湿や肌細胞活性化の成分プラス
美白成分配合のものを使います。
従来の美白成分に加え
各化粧品メーカーで独自開発された
さまざまなシミ解消に有効な成分があります。

サリチル酸やフルーツ酸配合のピーリング化粧品もありますが
マッサージやピーリングのやり過ぎには気をつけましょう。
また、香水をつけたら紫外線に要注意です。


Share on Facebook