シミ・そばかすにいい注目成分

2012-12-11



医薬部外品としての美白成分が、厚生労働省から認可されています。
アルブチン、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、カモミラET
プラセンタエキス、t-シクロアミノ酸誘導体(t-AMCHA)、トラネキサム酸
リノール酸Sの9種で、シミ対策の各化粧品に配合されています。
アルブチンは肌に穏やかで安心して使える成分です。
α型とβ型があり、α型の効果はβ型の10倍です。
チロシナーゼを阻害してシミを抑制します。
歯磨き剤でお馴染みのトラネキサム酸や
肌への浸透性が高いリノール酸Sは、肝斑に効果があるといわれています。
エラグ酸はハイドロキノン並みの美白効果がありますが
植物由来なので刺激がなく、安心して使えます。

t-シクロアミノ酸誘導体やエラグ酸、カモミラET
トラネキサム酸、リノール酸S、ルシノールは
メラニンの生成を抑制してシミを作らせません。
構造がハイドロキノンと似ているルシノールは
浸透性が高く、副作用の心配がありません。

プラセンタエキスは豊富な細胞増殖因子によって
細胞分裂を促進し、シミを強力に排出してくれます。
細胞増殖因子EGFやFGFそのものを配合した化粧品もあります。


Share on Facebook