シミ・そばかすができるのは

2012-12-11



メラニン色素ができるのは、免疫システム、つまり体の自然の防御反応です。
メラニン色素を取り込んだケラチノサイトは
細胞分裂して最終的には角化して剥がれていきます。
肌のターンオーバーが正常に行われれば
メラニン色素は自然に排出されてしまうのです。

しかし、紫外線を浴びすぎるとメラニンが過剰に作り続けられ
正常にターンオーバーが行われても排出しきれなくなります。
そして、残ったメラニンが沈着してしまう、これがシミです。
さらに、何らかの原因でターンオーバーが滞ってしまうと
なおさらシミを作ることになります。

実はメラニンの働きには、傘となって紫外線から細胞を守ることのほかに
活性酸素を取り込んで無害化する働きもあります。
ですからシミとは、紫外線によってできた活性酸素を除去するために
メラニンが増加した状態ともいえるのです。


Share on Facebook