ケミカルピーリング

2012-12-11



乳酸やグリコール酸、サルチル酸、トリクロール酸などの薬剤で
皮膚表面を剥ぎ取ってシミ・そばかすを改善する治療です。
皮膚本来の再生能力を刺激して、新しい細胞の生成を促進するのです。
ピーリングにはソフトとハードの2種類があります。

ソフトピーリングは、50パーセント未満のグリコール酸を使用して
表皮の浅い部分をピーリングします。
赤みや痛みが出ることもありますが
最もリスクが小さく、5日前後で回復するようです。

真皮まで達した頑固なシミの場合は
トリクロール酸を使用したハードピーリングを行います。
痛みが激しく皮がむけたりして、回復には2週間以上必要です。
施術後は完全な紫外線カットが必要になります。

ピーリングは効果は高いのですが
シミの症状や肌質などを見極めて
使用する薬剤の種類・濃度を決定しなければなりません。
しっかりした医療機関を選び、十分な説明を受けて納得してから受けることが重要です。

また、紫外線を浴びないこと
水分補給をしっかり行うことが必要になります。
ピーリングは肌にかなりの刺激を与える施術です。
注意事項を守らないと、逆にシミをひどくすることもあります。


Share on Facebook