フォトフェイシャル

2012-12-11



フォトフェイシャルではIPL(Intense Pulsed Light)
という特殊な光を使用します、レーザーより優しく
照射された時はカメラのフラッシュ程度の感覚しかありません。
最近は、IPLと高周波電流(RF)を組み合わせたフォトRFも人気です。

IPLの特徴は、レーザーのようにピンポイントではなく
顔全体に光を照射して、広範囲のメラニン色素に反応させることができることです。
ですから、シミの一つひとつを一度に治療することができるのです。

IPLですと、一つの肌トラブルに絞って治療することも
肌全体の総合的な治療をすることも可能です。
また、施術時間も短く、施術後すぐに洗顔やメイクができます。
レーザーのような痛みや傷跡の心配もありません。
また、真皮にまで光エネルギーが届いて
線維芽細胞を活性化してコラーゲンを増やします。

フォトフェイシャルのデメリットは
1度の施術では効果が少ないことです。
効果を実感するには、3週間ほどの間隔で5回〜10回の治療が必要なため
その分時間と費用がかかります。
また、体質や肌状態によっては、治療が受けられなかったり
満足な効果が出なかったりするようです。


Share on Facebook