紫外線

2012-12-11



シミ・そばかすを作る最大の原因は紫外線です。
紫外線には、波長の長い順にA波、B波、C波があります。
C波はオゾン層でさえぎられて、地上にはほとんど届きません。
シミ・そばかすに関係するのは主にB波で、表皮に日焼けを起こします。
いわゆる生活紫外線と呼ばれるA波は、それほど強くはないのですが
雲や窓ガラスを透過して肌の真皮にまで到達します。
B波のような実感はなくても、真皮にダメージを与えて肌の老化を速めます。
長い間に徐々に蓄積される、光老化として問題となっています。
紫外線は活性酸素を発生させ、メラノサイトを刺激して
メラニンを作ります。普通はターンオーバーによって排出されますが
加齢や不摂生などで新陳代謝が衰えると
排出されず残ったメラニンがシミとなるわけです。
また、紫外線を過剰に浴び続けると
大量のメラニンができてやはりシミ・そばかすを作ります。

さらに、活性酸素が表皮細胞を傷つけると
細胞はこれを早く修復しようと、一時的にターンオーバーのスピードを速めます。
しかし、応急処置の突貫工事では、正常な細胞が作られません。
そのため、メラニンを含んだ細胞がうまく剥がれず、居残ってしまうのです。


Share on Facebook