骨盤が歪む

2012-12-12



悪い姿勢は、背骨の土台となっている骨盤を歪める原因となります。
また逆に、骨盤が歪むと全身の姿勢も悪くなるのです。
背骨と骨盤の因果関係はどちらが先と言えるものではないのですが どちらも健康の大きな要であることは間違いありません。

骨盤が開きっぱなしになると、内蔵が下垂し働きが悪くなります。
冷え性になったり、大腸の機能低下による便秘や下痢になりやすくなります。

しかしそれ以上に、女性は特に骨盤に気を配る必要があります。
それは、骨盤は子宮や卵巣を包んでおり、骨盤が歪んだりズレたり傾いたりすると
女性特有の症状に繋がってくるからなのです。
子宮筋腫や卵巣脳腫といった病気をも招く恐れがあるのです。
また、骨盤の中にある仙骨は女性ホルモンと深く関係しています。
仙骨が歪むと、生理不順や不妊を引き起こすことがあります。

骨盤が広がると、お尻も大きくなり下半身に肉がつきやすくなるなど
美容上の問題を抱えることにもなります。
女性は特に、骨盤が健全であるよう心掛けなければなりませんね。

Share on Facebook