冷え性が改善する

2012-12-12



自律神経にとって背骨は重要です。
胸骨からは交感神経が、首の付け根と骨盤からは副交感神経が、全身に広がっています。
ですので背骨が正常になると、自律神経に非常に良い影響を与えるのです。

自律神経は、消化や呼吸、体温、血圧、排泄などに関わっています。
姿勢が良くなることによって自律神経の働きが正常になると
脳からの体温調節の指示が全身に届くようになります。
そのため、体のあちこちの冷え症状が改善されます。

また姿勢が良くなることによって、下半身にかかっていた負担が取り除かれます。
太ももやふくらはぎの筋肉の緊張がとれ
体の末端から血液を心臓に押し戻すポンプ役として働くようになります。
血液循環が良くなり、下半身の冷え性が改善されるのです。

冷え性が改善されると
肩コリや腰痛、関節痛、便秘や下痢、むくみや生理痛が解消されたり
免疫力もアップします。
特に女性に多い冷え性は、姿勢を整えてぜひ改善したいものですね。


Share on Facebook