生活の中で

2012-12-12



私たちは、日常生活の中で無意識にやっているクセがありますね。
たとえば椅子に座る時脚を組む、床に座る時横座りする
ショルダーバッグをいつも同じ側の肩にかける
立っている時の体を支える軸足が決まっているなど。
これらの体勢は、背骨が左右どちらかに歪む原因になります。

また机やキッチンの調理台が低いと、顔が下向きになり猫背の原因になります。
椅子に浅く座って、背もたれに全身で寄りかかる人も多く見受けられますね。
立っていて疲れてくると
どうしてもお腹を前に突き出す姿勢になってしまうこともあります。

人には利き手というものがあり、左右どちらかに偏ってしまいがちです。
無意識なので自分では気づきませんね。
バッグを左右交互の肩にかける、組む脚を左右変える
食べ物は左右交互の側で噛むなど、意識してバランスをとるようにしましょう。

長年の体のクセは、直そうとしてもすぐ元に戻ってしまいます。
気づくたびに正しい姿勢を心掛ける、根気強さが大切ですね。
悪い姿勢に戻っていると気づいたら
天井に頭のてっぺんを引っ張られていると想像してみましょう。

無理なく背筋が伸びますよ。


Share on Facebook