ヨガ

2012-12-12



疲れてくると姿勢が悪くなる。
これは何故でしょうか。それは筋肉が楽をしたがっているからです。
つまり、筋力がなくなっているからなのです。
悪い姿勢をとり続けることで筋肉は硬くなり
ますます筋力が低下することになります。
とは言え、いきなりハードな筋トレを始めても姿勢は良くなりません。

たとえば、両足で立ち背筋を伸ばすといった基本的な姿勢も
脚や腰、背中の筋肉がしっかりしている必要があるのです。
ヨガは、呼吸法と合わせて縮んだり伸び切った筋肉を解きほぐして柔軟にし
血液やリンパの循環を良くします。

また、ヨガのポーズはどれをとってもバランスを必要とするものです。
ヨガのポーズを実践していくと、衰えた筋肉を自然に鍛えることができます。
悪い姿勢によってアンバランスになった骨格や筋肉を元に戻すために
とてもいい効果が期待できます。

最近は骨盤矯正ヨガといったものも人気です。
ヨガは背筋の伸びた姿勢の美しさを教えてくれるでしょう。


Share on Facebook