悪い姿勢とは

2012-12-12



悪い姿勢で最も多いのは猫背ではないでしょうか。
背中の骨が丸くなっているタイプと首の骨が丸くなっているタイプとがあり
見た目で損をしてしまうことが多いようです。
肩コリや頭痛などが多い症状です。

次に、胸を突き出した姿勢があります。
猫背を直そうとして、無理に胸を張る場合に起こりがちです。
この姿勢は一見良い姿勢に見えますが
実は胸と背中の筋肉に負担がかかっています。
肩コリ、背痛、息苦しさといった症状があります。

お腹を前に突き出した姿勢は
腰の骨のカーブが強くなりすぎて腰への負担が重くなります。
この姿勢では、腰痛を訴える人が多いのです。
漢方で言う腎虚、つまり虚弱体質の人にも多い姿勢です。
疲れるとすぐにお尻を落とし、お腹を突き出してしまうのです。

人間の体は、本来重力をうまく分散できるよう
高度な力学に基づいて作られています。
私たちのDNAにそういう情報がインプットされているのです。
悪い姿勢に気づいたら、それを矯正して本来の体に戻せたらいいですね。


Share on Facebook