肩コリ・首コリ

2012-12-12



姿勢が悪くなると、最初に感じるのは体のさまざまな所のコリですね。
たとえばパソコンの画面や書類を見続けていると
どうしても頭を前に突き出し
背中が丸まった姿勢になってしまいます。
この時、体はどういう状態になっているのでしょうか。

頭はスイカぐらいの重さがあります。
これを支えているのは首ですね。
数キロの重さの頭を支えるには、少々心細い感があります。
しかし、首の真上に頭がある
つまり首と頭が垂直な線上にあれば、何とか首は頭を支えることができます。

背中が丸くなって頭が前に突き出すと、首と頭の位置関係がずれてしまいます。
首は頭の後ろに位置することになり、まして斜め状態です。
本来ならば頭は前に転がり落ちてしまうでしょうが
そういうわけにはいきません。

頭を支えきれなくなった首は、筋肉の力を借りることになります。
筋肉を緊張させて、何とか首を支えるのです。
しかし悪い姿勢が習慣になると
筋肉を無理に使い続けることになります。
血管も締め付けられて血行が悪くなります。
こうして疲労した筋肉には乳酸がたまり、コリとなって表れるようになるのです。


Share on Facebook