腰痛

2012-12-12



お腹を前に突き出して腰を反らしている姿勢の人も、結構見受けられますね。
この姿勢では、腰の部分の背骨、つまり腰椎のカーブが強くなっています。
胴体は、腹筋と背筋によって支えられています。
腰椎が適切なカーブを描いていれば、腹筋と背筋の強さが釣り合っています。

お腹を突き出して腰が反った姿勢ですと、腰椎部分のカーブが強くなります。
そうすると腰椎は上下に縮まった状態になり
これが長く続くと背筋が緊張し続けて痛みを発生するのです。

一方腹筋のほうは、逆に上下に伸びた状態が続き、筋力が低下することになります。
お腹がたるみ、ますます前に突き出てきます。
お腹を前に突き出した姿勢は、背骨の構造にも負担をかけます。
無理な負担が続くと、腰椎とその周辺の筋肉や靭帯に炎症が生じてきます。
この炎症が原因でも痛みが起こるようになります。
デスクワークやドライバーなど長時間座って仕事をする人も
腰椎や周辺の筋肉に負担をかけ続けるため、腰痛を起こしやすくなります。


Share on Facebook