たるみとしわ35の撃退方法!


皮膚の構造1


皮膚は大きく3つの層に分かれています。表面から順に、表皮、真皮、皮下組織となっており、表皮は厚さ0.2ミリの薄い組織で、皮脂膜、角質層、顆粒層、有棘層、基底層で構成されています。
→続きはこちらから


皮膚の構造2


表皮の下の真皮は厚さ2ミリで、コラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質線維と、その間を満たしている基質で構成されています。コラーゲンやエラスチンはバネのような構造になって、
→続きはこちらから


肌の弾力


肌に弾力性と強靭性をもたらしているのは、主にコラーゲンとエラスチンです。コラーゲンはたんぱく質の線維であり、真皮の重量の約70パーセントを占めています
→続きはこちらから


加齢


たるみやしわの大きな原因は加齢です。肌に限らず、歳とともに細胞の機能が衰えてくるからです。
→続きはこちらから


女性ホルモンの減少


加齢は特にホルモン中枢の機能を低下させることが、たるみ・しわに大きく作用します。女性ホルモンや成長ホルモンには、線維芽細胞を活性化し、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進する働きがあるからです。
→続きはこちらから


睡眠不足


夜の10時から翌2時までがお肌のゴールデンタイムといわれるのは、この時間に成長ホルモンが盛んに分泌されるからです。では、成長ホルモンは肌にどういう作用をするのでしょうか。
→続きはこちらから


紫外線B派


加齢以上にたるみ・しわの大きな原因になっているのが、紫外線だといわれています。「光老化」という言葉が盛んに使われていますが、紫外線を長年浴び続けるこ
→続きはこちらから


紫外線A派


一方A波(UVA)は、波長が長いためにガラスや雲も通り抜け、曇りでも屋内にいても肌に影響を与えます。しかも真皮にまで到達しますので、コラーゲンやエラスチンを
→続きはこちらから


肌の乾燥防衛システム


たるみやしわは、肌の弾力が失われて起こります。乾燥がたるみ・しわの原因になるのは、水分を奪うことによって肌の弾力を失わせるからです。
→続きはこちらから



乾燥と肌の肥厚


乾燥した環境にいると、角質細胞は乾いて剥がれやすくなります。そして、剥がれた角質の間から水分がどんどん失われていき、小じわ(ちりめんじわ)ができ、
→続きはこちらから


栄養不足でたるみ


肌のハリと潤いを保つには、肌細胞が健康である必要があります。細胞のもとになる栄養素がしっかり摂れているかどうか、現代人の食生活には疑問符がつくようです。
→続きはこちらから


筋肉の衰え


顔の皮膚は、その下にある表情筋によって支えられています。筋肉の支えがあって、皮膚は重力に抗してハリを保っていられるわけです。身体と同様に顔の筋肉が衰えてくると、支えを失った肌も垂れて、たるみやしわを生じるようになるのです。
→続きはこちらから


喫煙が原因


タバコの肌への弊害は、大きく分けて3つあります。1つは血液循環を悪くすること、2つ目は女性ホルモンの分泌を阻害すること、3つ目は活性酸素を発生させることです。


活性酸素が原因


紫外線がたるみやしわを作るのは、紫外線が直接作用するのではなく、当たった所に発生した活性酸素の仕業です。活性酸素は酸素が強力になった形で
→続きはこちらから


糖化が原因


活性酸素による「酸化」に対して、肌老化の大きな要因として最近クローズアップされているものに、「糖化」があります。糖化とは、体内の糖とたんぱく質が結び付き、
→続きはこちらから


たるみ・しわ予防の基本


健康な肌には、栄養が十分摂れる食事、よい睡眠、そしてストレス解消が大切です。毎日の偏った生活習慣が肌を痛めつけ、その積み重ねでたるみ・しわが起こります。
→続きはこちらから


紫外線対策


生活習慣の改善のほかに、たるみ・しわの予防として真っ先にすべきことは、紫外線対策です。紫外線による光老化が、肌をたるませ、シワを刻む大きな要因になっていることはご存知のと
→続きはこちらから


UV化粧品


紫外線カット化粧品には、SPFやPAといったB波やA波のカット能力を示す指数が記載されています。しかし、どんなに指数が高いものでも汗で流れては効果はなくなります。
→続きはこちらから


乾燥対策


たるみやしわを予防するには、肌を乾燥から守ることも大事です。エアコンによる空気の乾燥から肌を守るほかに、肌の保湿をしっかり行いましょう。
→続きはこちらから


正しいスキンケア


たるみ・しわの予防と改善方法の中で、最も手軽に毎日できることは朝晩のスキンケアです。毎日のことですから、正しいスキンケアができているかどうかで、1年後の肌の状態が変わってきます。
→続きはこちらから



化粧品のコラーゲン


たるみ・しわには、肌の弾力のもとであるコラーゲンが効果的です。しかし、化粧品で外から補給するコラーゲンは、そのまま皮膚内のコラーゲンの代わりに働くことはありません。
→続きはこちらから


たるみ・しわに良い美容成分1


美容成分は、浸透力によって効果に大きな差が出てきます。化粧品は、成分の種類に注意するほかに、ナノ化、つまり低分子化したり、脂溶性のカプセル化をした浸透性の高いものを選びましょう。
→続きはこちらから


たるみ・しわに良い美容成分2


「アミノ酸・ペプチド」
肌細胞を修復するには、たんぱく質やアミノ酸が必要です。たんぱく質は、ペプチドの形が最も吸収がよく効率的に働きます。
→続きはこちらから


プロテオグリカン


「プロテオ」とはプロテイン(たんぱく質)のことで、「グリカン」とは多糖類のことです。つまり「プロテオグリカン」とは、糖とたんぱく質で構成された糖た
→続きはこちらから


ピロロキノリンキノン


細胞の中には、核を囲むようにしてミトコンドリアがあります。ミトコンドリアは、たんぱく質の合成や細胞増殖のためのエネルギーを生産します。コラーゲンの生成や肌のターンオーバーも、
→続きはこちらから


たるみ・しわに良い栄養素


化粧品で外側から栄養を与えるとともに、内部からの栄養補給も大事です。食品で摂れるたるみ・しわによい栄養素として、肌細胞を作るたんぱく質とビタミン
→続きはこちらから


EGF


肌の弾力はコラーゲンやエラスチン、潤いはヒアルロン酸がカギを握っています。これらを作り出すのは線維芽細胞の仕事ですから、線維芽細胞を活性化すれば、たるみ・しわを防ぐことができます。
→続きはこちらから


EGF化粧品


毎日のスキンケアに、EGFが配合された化粧品はたるみ・しわに効果的です。特にEGFとFGFの両方が配合されていると、効果がアップします。EGFは主に表皮細胞を、FGFは真皮の線維芽細胞を活性化しますが、一緒だと相乗作用が働くからです。
→続きはこちらから


活性酸素対策


肌内部に発生した活性酸素は、肌から弾力と水分を奪ってたるみ・しわを生じさせます。現代は活性酸素を発生させる原因が、あまりにたくさんあります。それでも、活性酸素を減らすことはできるのです。
→続きはこちらから


新陳代謝を活性化


ハリのもとになる栄養を肌細胞に届けるためには、血管と血液を元気にして血行を促進する必要があります。血行がよくなると新陳代謝も活発になって
→続きはこちらから



リンパマッサージ


肌のたるみが、実はむくみだったということがあります。顔にもリンパがたくさん通っていますが、リンパには体内の余分な水分や老廃物を排出する役目があります。
→続きはこちらから


表情筋を鍛える


土台となる筋肉が弱くては、肌を支えることはできません。そこで、かなり前からネットや書籍で紹介されて人気になっているのが、表情筋トレーニングやストレッチです。
→続きはこちらから


美顔器


スキンケア以外に、自宅で手軽にできるたるみ・しわ対策には、美顔器の助けを借りるのもいいでしょう。最近は、価格もサイズも気軽に試せるものがたくさん出回っています。
→続きはこちらから


メディカル・エステ


たるみがひどくなったりしわが深くなった場合、回復するのは簡単ではありません。そこで美容外科などで、コラーゲンやヒアルロン酸を注入して、たるみやしわを改善する方法が人気のようです
→続きはこちらから


肌再生医療


肌の悩み解決の最先端医療として注目されているのが、再生医療です。美容整形は肌の悩み部分を人工的に変えるものですが、再生医療では自分の血液や肌細胞そのものを使って、たるみ・しわを改善します。
→続きはこちらから

Share on Facebook