UV化粧品

2012-12-11



紫外線カット化粧品には、SPFやPAといったB波やA波のカット能力を示す指数が記載されています。しかし、どんなに指数が高いものでも汗で流れては効果はなくなります。数値の高さより、こまめに塗り直すことが大切です。

紫外線カットの成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とがあります。吸収剤は、紫外線を自らが吸収することによって、紫外線の皮膚への浸透を阻止しますが、肌への負担が大きいといわれています。吸収剤の成分には、パラアミノ安息香酸、ジベンゾイルメタン、ベンゾフェノンなどがあります。

紫外線散乱剤は、紫外線を反射することで肌を守ります。肌への負担が少ないといわれ、微粒子化された酸化チタンや酸化亜鉛がよく使用されます。

この頃では、保湿や美白成分も配合されたUV化粧品も多くなっていますが、いずれも外出後早めに落としましょう。特にウォータープルーフのものは、専用クレンジングでしっかり洗い落とすことが大切です。

Share on Facebook