たるみ・しわによい美容成分:2

2012-12-11



「アミノ酸・ペプチド」
肌細胞を修復するには、たんぱく質やアミノ酸が必要です。たんぱく質は、ペプチドの形が最も吸収がよく効率的に働きます。

「卵殻膜」
卵の殻の内側にある薄い膜で、体内でIII型コラーゲンを作る働きがあります。III型コラーゲンとは、赤ちゃんの肌にある特に弾力に富んだコラーゲンのことです。

「抗酸化成分」
肌を活性酸素の害から守るには、抗酸化成分が必要です。レスベラトロール(葡萄ポリフェノール)、アスタキサンチン、ピクノジェノール、βカロテン、アントシアニン、コエンザイムQ10、αリポ酸、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどがあります。

「アルジルリン」
塗るボトックスといわれる成分で、植物由来のアミノ酸が結合したぺプチドです。表情筋を緩めて表情ジワを改善する働きがあります。

「シアル酸」
ローヤルゼリーやツバメの巣に含まれる成分で、EGFと同様にコラーゲンの生成能力を高める働きがあります。

Share on Facebook