活性酸素対策

2012-12-11


肌内部に発生した活性酸素は、肌から弾力と水分を奪ってたるみ・しわを生じさせます。現代は活性酸素を発生させる原因が、あまりにたくさんあります。それでも、活性酸素を減らすことはできるのです。

紫外線は極力浴びない工夫をし、外出時は化粧品や日傘などでUVカットを怠らないようにしましょう。また、規則正しい生活で睡眠不足やストレスの解消に努めたり、適度な運動を心掛けたり、暴飲暴食や喫煙を止めるなど、生活習慣の改善で活性酸素はずいぶん減らすことができます。

また、体内に有害物質を摂り込まないことが大切です。有害物質とは、身体にとっての異物のことです。食品や化粧品、洗剤などに含まれる添加物、医薬品、排気ガスなどの環境汚染物質、残留農薬、水道水の塩素、挙げればきりがありません。これらの有害物質を避ける工夫をしたいものです。

Share on Facebook