肌の弾力

2012-12-11



肌に弾力性と強靭性をもたらしているのは、主にコラーゲンとエラスチンです。コラーゲンはたんぱく質の線維であり、真皮の重量の約70パーセントを占めています。鎖状の3本の線維がらせん状に絡まった形で、強靭で柔軟に伸び縮みします。真皮内には、このコラーゲンが網の目のように張り巡らされています。

エラスチンはたんぱく質と多糖類からなり、非常に弾力のある線維です。真皮の2パーセントを占めるに過ぎませんが、コラーゲンの間にあって、コラーゲンを支えて皮膚の弾力の要となっています。

コラーゲンやエラスチンの間はゼリー状の基質で満たされています。基質は、ヒアルロン酸などのムコ多糖類やプロテオグリカンを含み、水分を保持して肌の潤いと弾力を作り出しています。


Share on Facebook