女性ホルモンの減少

2012-12-11



加齢は特にホルモン中枢の機能を低下させることが、たるみ・しわに大きく作用します。女性ホルモンや成長ホルモンには、線維芽細胞を活性化し、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進する働きがあるからです。

また、女性ホルモンは女性らしい体を作るといいますが、それは脂肪を作って身体に丸みと柔らかさをもたせてくれるからです。ですから女性ホルモンの減少は、コラーゲンやヒアルロン酸が少なくなるほかに、皮下脂肪も減ることによって、肌の弾力とハリを失うことになるのです。

女性ホルモンは、加齢のほかにストレスによっても減少します。ストレスによって自律神経が緊張し、それがホルモン中枢に影響を与えてホルモンバランスが崩れるからです。ストレスは、人間関係などの精神的ストレスのほかに、過労による肉体的なストレスもあります。

働きすぎの女性が、ヒゲが生えてきたり筋肉質になったりと、男性化の傾向にあるというショッキングな話もあります。多少「?」のつく話のようですが、ストレスが女性ホルモンの減少を招いていることは、大いにありそうなことです。

Share on Facebook