睡眠不足

2012-12-11



夜の10時から翌2時までがお肌のゴールデンタイムといわれるのは、この時間に成長ホルモンが盛んに分泌されるからです。では、成長ホルモンは肌にどういう作用をするのでしょうか。

成長ホルモンは、たんぱく質や糖の生成を促進する働きをもっています。ですから、たんぱく質の線維であるコラーゲンやエラスチン、ムコ多糖類のヒアルロン酸などの生成に欠かせないものなのです。みずみずしくハリのある肌は、成長ホルモンなくしてできません。

成長ホルモンの分泌は思春期頃がピークで、20歳を過ぎるあたりから減少する一方です。そういう中でも分泌が盛んなのは、夜中の睡眠時間帯です。ですから、貴重なこの時間に眠らないのは、自ら肌の老化を招いていることになります。


Share on Facebook