紫外線B波

2012-12-11


加齢以上にたるみ・しわの大きな原因になっているのが、紫外線だといわれています。「光老化」という言葉が盛んに使われていますが、紫外線を長年浴び続けることによって、肌の老化は確実に進んでいるようです。

紫外線の肌への影響というと、日焼けによって肌が黒くなったりシミができたりすることばかり考えがちです。これは、主に紫外線のB波(UVB)の作用によるものです。B波は、表皮の基底層にあるメラノサイトを刺激して、メラニンを作りシミの原因になります。また、日に当たって皮膚が赤くなったり水ぶくれができるのも、B波の作用によるものです。

B波が怖い点は、表皮細胞の遺伝子を傷つけて皮膚ガンの原因になったり、免疫力を低下させたりすることです。また、目に入ると白内障の原因にもなります。

B波は波長が短いため、ほとんどが雲や窓ガラスに遮られてしまいます。当たったとしても肌の表皮までしか届きませんが、晴れた日の屋外にいる時には用心する必要があります。


Share on Facebook