紫外線A波

2012-12-11



一方A波(UVA)は、波長が長いためにガラスや雲も通り抜け、曇りでも屋内にいても肌に影響を与えます。しかも真皮にまで到達しますので、コラーゲンやエラスチンを破壊し、ヒアルロン酸の水分を奪い、線維芽細胞も傷つけます。肌の弾力を奪い、長期にわたって肌の再生能力を衰えさせていくのです。

B波にもコラーゲナーゼ酵素を活性化させる作用があるため、コラーゲンを破壊しますが、直接真皮に働くA波のほうが、たるみ・しわの主因といえます。またA波も、細胞の遺伝子を傷つけるのはB波と同様です。怖いのは、日に当たったという感覚がないまま、長年このA波を浴び続けていることです。

顔がたるんできた、しわが増えたという人でも、顔と二の腕の内側を比べてみると、その差は歴然としていますね。日に当たらない部分の肌のみずみずしさは、紫外線がいかに肌を衰えさせるか、光老化の恐ろしさを物語っています。

Share on Facebook