肌の乾燥防衛システム

2012-12-11



たるみやしわは、肌の弾力が失われて起こります。乾燥がたるみ・しわの原因になるのは、水分を奪うことによって肌の弾力を失わせるからです。

肌には乾燥に対しての防衛システムがあります。まず、一番外側の皮脂膜は、最前線で外気の刺激や乾燥から肌を守っています。その下の角質層は、角質細胞が何層にも積み重なっており、その間を細胞間脂質が埋めています。

角質にはNMF(天然保湿因子)という水溶性の成分があり、水分を含んで保持する働きをしています。また、細胞間脂質はセラミドや脂質で構成され、サンドイッチのように水分を挟み込んで、角質層の水分を保持しています。

このように、肌にはもともと乾燥対策機能が備わっているのですが、加齢とともにこの機能も衰えてきます。ですから、積極的に水分補給をしてあげないと、肌は乾燥が進み、弾力が奪われていくのです。


Share on Facebook