水素水でアンチエイジング


水素水とは


健康に関心が高まっている今、「水素水」という言葉をよく耳にするようになりました。
健康効果が高いということで病気やダイエットにも良いとされ
テレビやネットでも話題となっています。
→続きはこちらから


水素について


つい眉をしかめたくなる化学の話になりますが、水素は物質の中では最も軽いものです。
また、気体の状態でも液体の状態でも存在することができます。
気体の水素は密封して保存しやすいため
→続きはこちらから


水素水の作られ方


活性水素、つまり還元作用のある水素はどうすればできるのでしょうか。
方法は二つあります。
→続きはこちらから


水素水は活性酸素と闘う


活性酸素は非常に元気のいい酸素です。
普通の酸素より格段に酸化力が強く、常に結び付く相手を探しています。
私たちの体の中で脂質を見つけると、早速結び付いて過酸化脂質を作ります。
→続きはこちらから


恐ろしい活性酸素


私たちは、生きるために呼吸をして酸素を取り入れています。
ですから、酸素は私たちの体の中に常に存在し
エネルギーを発生するために酸素が使われますので
→続きはこちらから


天然の水素水


「水素水」の健康効果や美容効果については、たくさんの評判が聞かれます。
販売者が良い効果をうたうのは当然ですが、実際に飲んでみた人の体験談も多く
試してみたいと思ってしまいますね。
→続きはこちらから


アレルギー炎症を改善


アレルギーには実にさまざまなものがありますね。
アトピー性性皮膚炎や気管支喘息、花粉症、食物アレルギー、薬物アレルギーなど
しかも患者数は増える一方のようです。
→続きはこちらから


アトピーの皮膚機能改善


もともと私たちの体には免疫という防御システムが備わっています。
このおかげでウィルスや細菌が侵入してきても、排除することができるのです。
しかし、この免疫機能に狂いが生じると、異物に過剰反応するようになります。
→続きはこちらから


花粉症改善効果


花粉のシーズンが近づくと、花粉の飛散量の予想が連日報道され
大勢の人のマスク姿もごく当たり前の風景となってしまいました。
花粉症は花粉に対するアレルギー反応です。
→続きはこちらから


がん細胞を増やさない


ガンに活性酸素が深く関わっていることはよく知られています。
では、活性酸素はどのようにしてガンを引き起こすのでしょうか。
私たちの体の細胞には核という部分があって、そこに遺伝子DNAがあります
→続きはこちらから


糖尿病の人の抗酸化力


糖尿病が怖いのは、さまざまな合併症を引き起こすからです。
今のところ決定的な治療法というものがなく
血糖を下げるなどの薬や食事療法、運動療法などで継続的に治療に励むしかありません。
→続きはこちらから


動脈硬化も活性酸素が原因


心臓病、脳卒中などの循環器の病気の引き金となるのが動脈硬化です。
この動脈硬化は活性酸素の弊害で引き起こされます。
→続きはこちらから


水素水でダイエット


すでにお分かりのように
活性酸素によって酸化された脂肪が血管壁に蓄積して、血流を悪くします。
血流が悪くなると、細胞に必要な栄養が届かないばかりか
細胞から出る老廃物も滞ってしまいます。
→続きはこちらから


水素水で若さを取り戻す


活性酸素が体をサビさせていく、つまり老化を早めていく大きな原因です。
最近では、活性酸素を取り除くことが若返り対策の基本とまで言われています。
活性酸素の害がなくなると細胞が元気になり
→続きはこちらから


水素水で美肌つくり


「水素水」を飲むようになって、早く効果を感じるのは美肌効果のようです。
最近は飲む「水素水」だけでなく
水素化粧品なども出てきて、エステサロンでも「水素水」が使われているほどです。
→続きはこちらから



水素水はこまめに採ると効果的


「水を飲んで健康になる」という健康法もあるくらいですから
水素の入った水ならなおさら健康効果が期待できるというものですね。
「水素水」の場合も、普通の水を飲む場合と同様に
→続きはこちらから


1日1リットルを目安に


「水素水」を飲む量は1日1リットルが理想的なようです。
もちろん人によって必要な水分摂取量は違います。
また、夏場や運動をした後などは喉が渇いてたくさん飲めますし
→続きはこちらから


水素水は加熱してはいけない


普段あまり水を飲まない人、水をたくさん飲めない人などは
「水素水」を料理に使ったりコーヒーや
お茶のお湯に使いたいと思うかもしれません。
→続きはこちらから


スポーツの時に


当たり前の話ですが、運動をすると酸素をたくさん消費します。
体内に活性酸素が大量に発生することになります。
ですから、健康な人でもスポーツをする際には
→続きはこちらから


仕事や勉強中に


「水素水」を飲むと、疲れにくくなった、頭がスッキリする
という声を多く聞きます。
仕事や勉強のプレッシャーが大きいと
→続きはこちらから


お酒やたばこ


飲酒は体内で活性酸素が増える一つの要因と言われています。
ですから、普段よくお酒を飲む人は
「水素水」を積極的に摂る必要があるのです。
→続きはこちらから


デトックス促進


デトックスをするためには
水分をたくさん摂りなさいと言われますね。
血液に流れ込んだ老廃物を
→続きはこちらから


水素水をお肌に塗ると


「水素水」を飲むと体中を巡った活性水素が皮膚細胞にも入り
肌に水分を補給し潤いのある肌を作ります。
また、皮膚細胞の新陳代謝を活性化するので、シミやシワも解消してくれます。
→続きはこちらから


水素水を料理に使うと


「水素水」を加熱すると、水素が空中に抜けてしまうと一般的に言われています。
しかし、料理は熱を使うものばかりではありませんね。
→続きはこちらから


水素水のタイプ


「水素水」が健康に良いということは
かなり以前から話題になっていました。
当時は「水素水」を作る装置(「水素水」生成器・「水素水」サーバー)
→続きはこちらから


水素水はここを見て選ぶ


これだけ多くの「水素水」が販売されている中
いざ「水素水」を飲んでみようと思うとどれにするか迷いますね。
では、何をポイントにして選んだらいいのでしょうか。
→続きはこちらから


家族で毎日飲みたいなら


家族全員で毎日「水素水」を飲もうとすると
容器入りのものであればかなりな本数になります。
しかも飲み続けることが必要ですので、長い間には費用も相当になるでしょう。
→続きはこちらから


手軽なアルミ容器の水素水


自分ひとりだけという場合は
容器入りの「水素水」が手軽に始められるでしょう。
しかし、水は毎日飲むものです。
→続きはこちらから


人気のスティックタイプ


これはマグネシウムと天然鉱石でできたスティックが
水と反応して「水素水」を作るというものです。
耐久期間内であれば繰り返し使えますので
→続きはこちらから



認知症にも水素水


「水素水」は、脳関門を通れる数少ない抗酸化物質の一つです。
最近の研究では、動物実験の段階ではありますが
脳の老化現象と言われる記憶力の低下を抑えることが可能という発表がなされました。
→続きはこちらから


成長盛りの水素水


若々しくいるためには成長ホルモンの存在は欠かせません。
成長ホルモンは、1日の中では夜10時から午前2時くらいの間に最も多く分泌されます。
「寝る子は育つ」とはよく言ったものですね。
→続きはこちらから


水素水と放射能


東日本大震災以降、放射能に対する恐れと関心が高まりました。
放射能とガンの関係もよく取り沙汰されることです。
それでは、放射能はなぜ身体によくないのでしょうか。
→続きはこちらから


水素のサプリメント


「水素水」は水ですので、手軽で簡単に日常生活に摂りいれることができます。
しかし外出時や旅行などでは
できればサプリメントのようなものが便利ですね。
→続きはこちらから


健康と美容の抗酸化物質


栄養補助食品、サプリメントは、今や私たちにとって身近なものになりました。
これらサプリメントの多くが
その抗酸化作用で健康効果をもたらしてくれるものなのです。
→続きはこちらから

Share on Facebook