水素について

2012-12-10



つい眉をしかめたくなる化学の話になりますが、水素は物質の中では最も軽いものです。
また、気体の状態でも液体の状態でも存在することができます。
気体の水素は密封して保存しやすいため
以前は風船などに詰めるガスとして使われていました。
しかし引火の危険性が高いことから、現在の風船はヘリウムガスが使われています。

水素は酸素と結び付きやすいため
酸素と結合した物質(酸化物)から酸素を奪う性質があります。
これを酸化の反対で還元作用といいます。

私たちの健康を損なっているのは、過酸化資質などの酸化物と言われています。
そのため、水素の還元力が大いに期待されているわけです。
また、水素は遺伝子のDNAになくてはならないものです。

そしてDNA内の水素は結合力が弱くて壊れやすいのです。
ですので、私たちの体の中には水素が豊富になければならないのです。


Share on Facebook