成長盛りの水素水

2012-12-10



若々しくいるためには成長ホルモンの存在は欠かせません。
成長ホルモンは、1日の中では夜10時から午前2時くらいの間に最も多く分泌されます。
「寝る子は育つ」とはよく言ったものですね。
この成長ホルモンの分泌は、幼年期から思春期の年代で最も多いと言われています。
20歳を超えると次第に減少していきますが、成長ホルモンが盛んに分泌されている間は
「水素水」を必要以上に飲んではいけないという話があります。

成長ホルモンの分泌が盛んな年齢域では
活性酸素を無害にする働きのある酵素を体内で作る力があるといいます。
ここに「水素水」が過剰に入ってくると
この自らの能力を弱めてしまう可能性があるというわけです。

もちろん「過剰」摂取を控えるということであり
「水素水」は特にアレルギーのお子さん
受験勉強やスポーツをするお子さんには十分に摂ってほしいものですね。


Share on Facebook