生姜の秘密


世界中で利用されている生姜


生姜の発祥地はアジアと言われています。
以来インドや中国、日本、オーストラリアといった気候が温暖多湿な地域で栽培されてきました。
→続きはこちらから


生姜の成分


生姜には独特の香りがありますね。
あの香りは、生姜のデンプン質に含まれる
「オレオレジン」という成分から出るものです。
→続きはこちらから


意外に多い生姜の種類


日本で生姜というと、あの黄色っぽいごつごつした生姜をイメージしますね。
日本の生姜はアジアが原産地です。
薬味としてすりおろしたり刻んだりして料理に使う
→続きはこちらから


生姜の効果


私たちが最も身近に感じる生姜の効果は
体を温めることではないでしょうか。
昔から風邪をひくと「生姜湯」を飲んだり
→続きはこちらから


生姜を利用する


体を温める効果から
生姜は風邪の予防回復に利用されるのがポピュラーになっています。
体力が落ち免疫力が低下していると、風邪をひきやすくなります。
→続きはこちらから



体を温める


生姜の効果は何といっても「温める」ことです。
お寿司にガリが付いていたり
冷奴や焼きナスにおろし生姜が添えられているのには理由があったのですね。
→続きはこちらから


血行が良くなる


姜の成分ジンゲロールはさまざまな働きをします。
中でも体を温める効果の主役がこのジンゲロールなのです。
厳密には、ジンゲロールが加熱されることによってできる
→続きはこちらから


脂肪を減らす


昨今、生姜紅茶ダイエットが人気です。
生姜がダイエットに効果的な理由にはどういうものが挙げられるでしょうか。
→続きはこちらから


肌を美しくする


血液は体中の細胞に栄養を届け
細胞から老廃物を受け取って排出する働きをしています。
生姜を摂ることで血液がきれいになったり血行がよくなると
→続きはこちらから


生か過熱か


生姜は料理に活用するにはもってこいの食材です。
生姜自体は主役にはなれませんが
薬味や風味付けなど脇役としてなくてはならないものですね。
→続きはこちらから


風邪の予防と回復に


ちょっと寒気がして風邪かなと思った時
寝る前に生姜湯を飲んだりしますね。
風邪気味から少し進んで初期の風邪くらいになると
→続きはこちらから


成人病の予防に


生姜の血行を良くする仕組みとはどういうものでしょうか。
寒い季節になると
血行が悪くなり身体にさまざまな不調が起きてきますね。
→続きはこちらから


消化機能を高める


生姜を摂ると消化がよくなって
脂っこいものを食べ過ぎても胃もたれしなくなったという声が聞かれます。
このように、生姜には食べ物の消化と栄養素の吸収を良くする効果があるのです。
→続きはこちらから


胃痛・腰痛を治す


胃酸の分泌不足のほかに、冷えによっても胃痛や腹痛が起こります。
それは、お腹が冷えると酵素の働きが悪くなり、胃腸の消化吸収が悪くなるからです。
食べ物を消化するためには消化酵素の働きが必要です。
→続きはこちらから



強い殺菌・消臭力


生姜には強い殺菌力があります。
お寿司にはガリが添えられ
カツオのたたきの薬味にも刻んだ生姜が使われますね。
→続きはこちらから


脂肪の酸化を抑える


生姜のジンゲロールやショウガオールには抗酸化作用があります。
人間が老化したり病気になったりする大きな原因は
活性酸素だと言われています。
→続きはこちらから


炎症や痛みを鎮める


関節痛で悩んでいる人にも、生姜の効果が期待できます。
関節に限らず痛みのある部分のほとんどが炎症を起こしています。
そして、炎症の起こっている所では
→続きはこちらから


生姜を手軽に


生姜の健康効果は今やブームとなっていますね。
しかし、生姜を毎日摂るとなると結構手間がかかって大変です。
生姜は空気に触れると有効成分が失われやすいのです。
→続きはこちらから


おろし生姜


生の生姜を使うのなら、チューブ入りのおろし生姜が便利ですね。
ただし、使ったらキャップをきちんと閉めてなるべく空気に触れないようにし
早めに使い切ってしまいましょう。
→続きはこちらから


生姜湯


ゾクゾクして頭が痛い、風邪かなと思ったら、生姜湯を飲む人は多いでしょう。
生姜湯を飲んで寝ると翌朝には大抵は良くなっていますね。
生姜の風邪に対する効果は、生姜の免疫力アップと血行を良くする働きによるものです。
→続きはこちらから


生姜シロップ


液状なので、粉末タイプのように必ずしもお湯で溶かす必要がありません。
生の生姜成分を摂りたい場合には生姜シロップもいいですね。
夏は冷水で、冬はお湯で何倍かに薄めて飲めます。
→続きはこちらから


生姜の蜂蜜漬け


生姜を皮ごとスライスして蜂蜜に漬け込んだ商品です。
生姜と蜂蜜シロップが瓶詰めになっています。
皮ごとなので、皮とデンプン質の境目に多い生姜の成分を摂ることができます。
→続きはこちらから


きざみ生姜


生姜ブームでネット上でも生姜の炊き込みご飯が人気となっています。
生姜ご飯は、炊き上がって炊飯器の蓋を開けた時の生姜の香りが何とも言えませんね。
→続きはこちらから


生姜のサプリメント


手軽に継続できるので
忙しい人や一人暮らしで料理をあまりしない人にはオススメです。
また生の生姜のような刺激がないので
→続きはこちらから


ひえた生姜


私たちが一般的に使っている生姜は根生姜といい、生姜の根の部分です。
同じ生姜でもいろいろな呼び方があるのをご存知ですか?
「新生姜」「葉生姜」「根生姜」「ひね生姜」など
→続きはこちらから



ハジカミの話


焼き魚などに添えられているハジカミ。
紅色が美しいですが、単に彩りを添えているわけではありません。
ハジカミは葉生姜ですから、当然生姜の役目があります。
→続きはこちらから


風邪なら何でも葛根湯


「風邪をひいたら葛根湯」と思い込んでいる人はいないでしょうか。
実は「風邪で葛根湯を飲んだのにさっぱり効かなかった」
という声も結構多いのです。
→続きはこちらから


葛根湯医者とは


漢方薬の7割に生姜が処方されているそうです。
その中でも葛根湯は最もポピュラーなものではないでしょうか。
葛根湯の成分は
→続きはこちらから


ジンジャーブレット


英語で生姜を「ginger」(ジンジャー)と言いますね。
意味を調べると「元気」だとか「気力」とあります。
動詞では「元気づける」「活気を与える」だそうです。
→続きはこちらから


冷えは万病のもと


女性には冷え性の人が多いようですね。
冷え性は、冬はもちろん夏でも辛いものです。
しかし冷え性は病気という捉え方はされませんし
→続きはこちらから


温めると免疫力アップ


免疫力と体温とは密接な関係があります。
風邪をひくと熱が出るのは
体温を上げて免疫力を高めようとする動物の防衛反応なのです。
→続きはこちらから


生姜でダイエットできる理由


生姜はダイエットに効果があると言われています。
確かに生姜は体を温めて新陳代謝を活発にしますので
エネルギーを燃やしやすい体になりますね。
→続きはこちらから


生姜とターンオーバー


生姜の新陳代謝を活発にする働きは、肌細胞にも有効に作用します。
新陳代謝とは細胞の生まれ変わりのことですね。
夏のシミ対策の話の時によく耳にする「ターンオーバー」とは
→続きはこちらから

Share on Facebook