世界中で利用されている生姜

2012-12-12



生姜の発祥地はアジアと言われています。
以来インドや中国、日本、オーストラリアといった気候が温暖多湿な地域で栽培されてきました。
日本では高知県産が有名です。
他にも関東や九州の、日照時間が長く水の豊富な地域で多く作られています。

生姜は乾燥にも弱いため、粘土質の土壌が適していると言われています。
生姜の種類によっては砂質の土地のほうが適しているものもあります。
気温が低いと育ちにくいのですが、現在はマルチ温度管理で安定した栽培が可能になり
一年中店頭に並ぶようになりました。

古来漢方で生姜を用いてきた中国や
さまざまなスパイスを生産しているインドやナイジェリアでも生姜の栽培は盛んに行われています。
また生姜の栽培にはあまり向いていない地域では
パウダー状に加工した生姜や生姜の精油を利用しているようです。


Share on Facebook