生か加熱か

2012-12-12



生姜は料理に活用するにはもってこいの食材です。
生姜自体は主役にはなれませんが
薬味や風味付けなど脇役としてなくてはならないものですね。
生姜を調理に利用する際には
生で食べるか加熱して食べるかで効果が違うことを知っておきましょう。

生の生姜は、ジンゲロールの働きで体内の白血球が増え免疫力が高まるため
風邪などのウィルスに負けない体になると言います。

一方、煮たり茹でたり炒めたりと加熱して食べた場合には
ショウガオールが活躍することになります。
ショウガオールとは、ジンゲロールが加熱されて変化したものです。
血管を拡張して血行を良くするのは、このショウガオールの作用なのです。

ですので、血行促進による効果を期待したいなら
豚肉の生姜焼きのような加熱料理で摂りましょう。
特に、炒めた場合にショウガオールの量が最も増えるという報告があります。


Share on Facebook