脂の酸化を抑える

2012-12-12



生姜のジンゲロールやショウガオールには抗酸化作用があります。
人間が老化したり病気になったりする大きな原因は
活性酸素だと言われています。
生姜にはこの活性酸素を除去する効果があるのです。

活性酸素は細胞のDNAを傷つけ、さまざまな病気を引き起こします。
ですから、生姜の力で活性酸素の害を減らすことができれば
生活習慣病や成人病の改善、美肌効果にも繋がるのです。

また肉や魚の脂は、空気にさらしたり加熱すると酸化してしまいます。
そして味が落ちるだけでなく、有害な過酸化脂質となります。
生姜を一緒に摂ると生姜の抗酸化力がここでも活用できるのです。

豚肉の生姜焼きが好きな人は多いですね。
生姜の抗酸化力を利用したいい例です。
ほかにも、生姜はたんぱく質を分解する酵素プロテアーゼを含んでいますので
漬けダレに生姜を加えれば肉を柔らかくします。
また、胃腸に入ると消化液の分泌を促進して消化を高めます。

このように豚肉の生姜焼きは
抗酸化力のほかにも生姜の効果を実によく活用した料理と言えますね。


Share on Facebook