炎症や痛みを鎮める

2012-12-12



関節痛で悩んでいる人にも、生姜の効果が期待できます。
関節に限らず痛みのある部分のほとんどが炎症を起こしています。
そして、炎症の起こっている所では
プロスタグランジンという物質ができていて
これが痛みを発生させていると言われています。

生姜のショウガオールには
このプロスタグランジンが過剰に作られるのを抑え
痛みや炎症を軽減してくれる働きがあります。
痛みを抑えるものとしてインドメタシンは有名ですが
生姜のプロスタグランジン抑制効果はこれに匹敵すると言われています。

関節炎や腰痛、歯肉炎といった炎症や痛みには
生姜を湿布したり汁を塗布するといいでしょう。
ただ、生姜の刺激には注意が必要です。
また炎症が強い場合には、生姜の温め効果によって
一時的に炎症や痛みがひどくなる可能性もあります。
慎重に様子を見ながら使うようにしましょう。


Share on Facebook