おろし生姜

2012-12-12



生の生姜を使うのなら、チューブ入りのおろし生姜が便利ですね。
ただし、使ったらキャップをきちんと閉めてなるべく空気に触れないようにし
早めに使い切ってしまいましょう。

生の生姜を家族で摂りたい
飲み物だけでなくいろいろな料理にも使いたいという場合には
おろし生姜の瓶詰めも販売されています。
チューブ入りよりも経済的なようですが
やはりなるべく早く使い切ったほうがいいでしょう。

おろし生姜は湿布としても利用できます。
関節痛や腰痛など、炎症を起こして痛みのある症状に効果的です。
やり方は、おろし生姜を木綿の小袋やだしパックなどに入れ、お湯に浸します。
生姜の成分が溶け出したお湯に
ガーゼやタオルを浸して絞ったものを患部に当てます。

気をつけたいのは、炎症が強い症状に生姜湿布をすると
温める作用によって一時的に痛みが強くなる可能性があることです。
症状をよく診て使うことが大切です。
また、皮膚が弱い人は生姜の刺激に気をつけましょう。


Share on Facebook