冷えは万病のもと

2012-12-12



女性には冷え性の人が多いようですね。
冷え性は、冬はもちろん夏でも辛いものです。
しかし冷え性は病気という捉え方はされませんし
病院でも冷えを重要視して診てはくれません。

漢方では冷えをとても重要に考えています。
『傷寒論』に「寒さに傷められて起こった病気を論ずる」とあるように
冷えをいかに治すかが治療の基本にあるようです。

ですから、漢方の生薬には体を温める効果のあるものが多く
生姜もその一つです。
葛根湯には生姜(乾姜)のほかに葛根、桂皮、麻黄といった 温め効果のある生薬が入っています。

冷え性と同時に気をつけたいのは低体温です。
最近低体温症の人が増えていると言います。
体温が1℃上がると免疫力が60パーセントも上がるそうです。
逆に体温が低いということは、それだけ免疫力が落ちているということです。

そうすると、冷えも低体温も万病のもとと言えるかもしれません。
冷え性の人や低体温の人は、生姜の温め効果を試してみるといいですね。


Share on Facebook