生姜とターンオーバー

2012-12-12



生姜の新陳代謝を活発にする働きは、肌細胞にも有効に作用します。
新陳代謝とは細胞の生まれ変わりのことですね。
夏のシミ対策の話の時によく耳にする「ターンオーバー」とは
肌の生まれ変わりということです。

肌の表皮の一番外には角質細胞があります。
角質は古くなると垢となってはがれ、次に新しい角質ができます。
このサイクルは普通28日ほどで、これを肌のターンオーバーと言っています。

年齢と共にこのサイクルはだんだん長くなり
40代ともなると40日くらいになってしまいます。
つまり古い角質が長期間残りがちになり、シミが取れないということになるわけです。

新陳代謝が良くなると、肌のターンオーバーのサイクルが短くなってきます。
肌はいつも新しい若い細胞というわけです。
実際に、生姜を摂り始めて肌にツヤやハリが出てきた
シミが薄くなったと実感する人が多いようです。

齢をとるのは止められませんが
生姜を摂って新陳代謝を活発にすることで、肌の若返り効果が期待できるでしょう。


Share on Facebook