こっそり試す43のバストアップ術


バストの構造


バストは、主に乳腺と脂肪組織でできています。バストは赤ちゃんを育てるための器官ですが、母乳を作る乳腺は1割を占めているに過ぎず、あとの9割は脂肪です。9割もの脂肪によって、大切な乳腺は保護されているわけです。
→続きはこちらから


バストのタイプ


乳腺と脂肪でできているバストですが、この1対9の比率は万国共通ではないようです。欧米女性のバストは比較的乳腺が多く、日本やアジアの女性は脂肪が多いといわれています。
→続きはこちらから


ラクトゲン受容体


同じような体型なのに、バストが大きい人と小さい人がいるのはなぜでしょう。バストが大きくなるには、ラクトゲン受容体というものが大きく関係しています。
→続きはこちらから


成長ホルモンと女性ホルモン


また、バストが大きくなるには成長ホルモンが必要です。成長ホルモンの分泌量は思春期に多くなり、20歳くらいからは減少の一途を辿ります。
→続きはこちらから


バストが大きくならない理由


以上のことから、バストが成長するには、ラクトゲン受容体、成長ホルモン、女性ホルモンが必要だということになります。
→続きはこちらから


たんぱく質


バストアップにたんぱく質(プロテイン)は欠かせません。なぜならたんぱく質は、体の基本単位の細胞を作る栄養素だからです。血液や酵素、成長ホルモンや女性ホルモン
→続きはこちらから


コレステロール


コレステロールというと、メタボなど健康に対する悪影響が真っ先に思い浮かびます。確かに過剰に摂ると血管に付着して、循環系の病気を引き起こす原因となりますが
→続きはこちらから


イソフラボン


イソフラボンが美容にいいというのは、女性はみなさんご存知のことです。なぜなら、女性ホルモンと似た働きをしてくれるからですね。イソフラボンは
→続きはこちらから


イソフラボンのタイプ


イソフラボンには、グリコシド型とアグリコン型の2種類があります。2つのイソフラボンの違いは、吸収の速さにあります。
→続きはこちらから



ボロン


1日1個のキャベツでバストアップできた、という話題で、今キャベツバストアップが人気のようです。
→続きはこちらから


ワイルドヤム


ワイルドヤムは、北アメリカの中部に自生する、メキシコ原産のヤマイモのことです。女性ホルモン様作用のあるバストアップサプリメントとして、注目されています。
→続きはこちらから


ブラックコホシュ


ブラックコホシュとは、アメリカの先住民が鎮痛剤や婦人科系疾患の治療に使用していたハーブで、日本ではアメリカショウマと呼んでいます。現在欧米では、更年期障害の治療薬として一般に用いられています。
→続きはこちらから


ザクロエキス


イソフラボンと並んで、女性ホルモン様作用をあることで有名なものに、ザクロエキスがあります。
→続きはこちらから


プラセンタ


アンチエイジングで人気の高いプラセンタですが、効果の源は豊富な細胞増殖因子(成長因子)にあります。細胞増殖因子とは文字通り、細胞を増やす成分のことです。
→続きはこちらから


ローヤルゼリー


ローヤルゼリーは、中世ヨーロッパでは不老長寿の薬、古代中国では若返りの秘薬「王乳」といわれていました。生涯数十万個もの卵を生む女王蜂のエネルギーの源が、このローヤルゼリーなのです。
→続きはこちらから


その他のバストアップ成分1


ジャムゥとは、インドの伝承医学アーユルベーダに基づいた治療薬です。多くの種類のハーブでできており、頭痛・肩コリをはじめ、風邪、婦人病、慢性病など
→続きはこちらから


その他のバストアップ成分2


レッドクローバー
イソフラボンが大豆の10~20倍含まれており、中でもバイオカニンAやフォルモノネチンというイソフラボンは吸収率が高いといわれています。
→続きはこちらから


バストアップサプリメント


このように、バストアップ効果のある成分は多種多様で、品質もさまざまです。そしてサプリメントも、それら成分の組み合わせで、数え切れないほどの種類が出回っています。
→続きはこちらから


バストアップのポイント


バストが小さい、バストが垂れる、バストが広がって輪郭が曖昧になるなど、バストの悩みは一つではありません。バストの構造から考えると、バストアップには以下の4点が必要ということになります。
→続きはこちらから


バストアップの基本


バストアップをするには、正しいブラジャーを着けることから始まります。次に、マッサージや運動、筋トレのほか、バストアップ効果のある栄養を食事やサプリメントで摂る、などの方法があります。
→続きはこちらから


バストの下垂


バストが小さいという悩みのほかに、バストが垂れることも大きな悩みになります。バストは、Aカップの人でも片方250グラム、Eカップで800グラムほどあるといいます
→続きはこちらから


運動でバストアップ


成長ホルモンは思春期をピークにして、20歳くらいからは減少する一方です。このためほとんどの人は、20歳くらいから後はバストの大きさはそれほど変わりません
→続きはこちらから


睡眠とストレス


ストレスは、自律神経の交感神経を緊張させ続け、自律神経に乱れを生じさせます。その結果、自律神経と密接に関わっているホルモン中枢にも影響が及び
→続きはこちらから


肌のハリを保つ


乳腺を太らせることでバストを大きくし、大胸筋を鍛えることでバストをリフトアップできても、バストの皮膚が弾力を失ってしまってはバストのハリを保つことはできません。
→続きはこちらから



マッサージでアップ


バストのマッサージの目的は3つあります。1つは流れた脂肪をバストに集めること、もう1つは乳腺を発達させること、3つ目はリンパの流れをよくすることです。ツボを押しながらマッサージをすると、より効果的です。
→続きはこちらから


リンパマッサージ


リンパは体内の老廃物を排出する器官です。この流れが滞ると、細胞内に老廃物や余分な水分が溜まり、新陳代謝が低下して血行も悪くなります。
→続きはこちらから


ツボ押しマッサージ


バストアップに効果的な主なツボは、「壇中」と「天けい」です。「壇中」は、女性ホルモンの分泌を促すツボです。左右のバストの間、バストトップを結んだ線の中央にあります。
→続きはこちらから


マッサージグッズ


バストアップのマッサージは、手で行うほかにグッズを使うと便利です。バストアップ用ローラーは、凹凸のあるローラーをコロコロ転がしながら、バスト周りをマッサージできます。
→続きはこちらから


マッサージクリーム


マッサージは、肌に摩擦などの刺激を与えず、優しく行うことが大切です。バストアップ用マッサージクリームやジェルを使用すると、マッサージを滑らかにするだけでなく
→続きはこちらから


冷え性改善


バストと冷え性の関係については、あまり取りざたされることはないようです。しかし、冷え性の人は血行が悪くなっており、体の各組織の機能が低下しています
→続きはこちらから


大胸筋を鍛える


バストのハリや膨らみを保つには、バストの土台となっている大胸筋が重要です。大胸筋を鍛える運動で、最も一般的なのは腕立て伏せです。器具を使用するなら、ダンベルがいいでしょう
→続きはこちらから


大胸筋にきくエクササイズ


大胸筋は、電車の吊り革を強く引っ張るだけでも負荷がかかります。最も手軽にできて誰もが知っている大胸筋エクササイズは、合掌のポーズでしょう。
→続きはこちらから


ヨガでバストアップ


ヨガは、心身をリラックスさせて自律神経を安定させることにより、多くの健康・美容効果があります。女性ホルモン分泌を活性化したり、大胸筋を強くするポーズもいろいろあり、バストアップにオススメです
→続きはこちらから


姿勢の重要性


背筋が伸びて姿勢が正しい人は、バストが大きく見えます。猫背などで背中が丸まって姿勢が悪いと、バストの膨らみが隠れてしまいます。そのため、実際の大きさよりバストが小さく見えてしまうのです。
→続きはこちらから


バストアップブラ


ブラジャーは本来、バストが垂れたり形が崩れないように、バストを支える役目をもつものです。その役目にプラスしてバストアップもできるという補正下着が、バストアップブラです。
→続きはこちらから


バストアップブラを選ぶ


バストアップブラは各メーカーの研究開発が進み、毎年新製品が登場しています。価格も決して安くはないようですから、その中で最も自分に効果的なものを選ぶには、慎重でなければなりません。
→続きはこちらから



ナイトアップブラ


寝る時は締め付けから解放されたい、ということで、就寝時はブラジャーをはずす人が多いようです。寝ている間、バストは横に平たくなっています。脇の下や背中に、バストの脂肪が逃げているのが気になりますね。
→続きはこちらから


香りと女性ホルモン


香りは癒しだけでなく、健康効果のある療法として古くから用いられています。香りには、女性ホルモンの分泌を促進し、正常に保つ働きがあります
→続きはこちらから


プエラリアとは


バストアップを目指す女性にとって、プエラリアミリフィカは最も関心が高いサプリメントでしょう。プエラリアミリフィカとは学術語で、タイ語ではガウクルアと呼ばれています。
→続きはこちらから


プエラリアの女性ホルモン様作用


植物に含まれる女性ホルモン(エストロゲン)様作用をもつ物質を、植物性エストロゲンと呼んでいます。イソフラボンも植物性エストロゲンの1種です。植物性エストロゲンは、エストロゲン受容体に結合することによって、エストロゲンと同じような作用をします。
→続きはこちらから


プエラリアの品質


現在、プエラリアのサプリメントが数多く出回っています。しかし、原料となるプエラリアの質を見極めるのは簡単ではありません。プエラリアは、原生しているものを採取して加工しますが
→続きはこちらから


プエラリアの問題点


プエラリアのバストアップ効果には高いものがあり、当然人気も高まります。効果が高ければ、その分副作用の心配も出てきます。プエラリアは植物由来だから副作用はない、安全、という考えもかつてはありました。
→続きはこちらから


プエラリアの副作用


プエラリアの摂取によって起こる副作用としては、生理の遅れや不眠、吹き出物、貧血、人によっては脱毛が起こることもあります。また、女性特有のガンの危険性もあるといわれています。
→続きはこちらから

Share on Facebook