ブラックコホシュ

2012-12-11



ブラックコホシュとは、アメリカの先住民が鎮痛剤や婦人科系疾患の治療に使用していたハーブで、日本ではアメリカショウマと呼んでいます。現在欧米では、更年期障害の治療薬として一般に用いられています。

その効果は、含まれているイソフラボンの女性ホルモン様作用によるものと考えられていましたが、最近の研究では、中枢神経に働いてセロトニンやドーパミン分泌を促進する作用があると報告されています。

このように、作用のメカニズムは明確ではないようですが、ブラックコホシュには穏やかなバストアップ効果があるといわれています。副作用はないといわれる一方で、海外では肝障害の可能性が指摘されるなど、長期使用には慎重さが必要です。また、妊娠中や授乳中の人も控えたほうがいいでしょう。

Share on Facebook