バストアップのポイント

2012-12-11



バストが小さい、バストが垂れる、バストが広がって輪郭が曖昧になるなど、バストの悩みは一つではありません。バストの構造から考えると、バストアップには以下の4点が必要ということになります。

乳腺を発達させること
脂肪を増やすこと
大胸筋を鍛えること
クーパー靭帯を保持すること

乳腺を発達させることと脂肪を増やすことは、バストの容積を大きくしてバストアップさせます。ただし、バストの脂肪は乳腺を保護するためにつくものですから、乳腺を発達させれば、脂肪も自然に増えていくことになります。ですから、バストアップしようと、とりたてて食事で脂肪をたくさん摂る必要はないわけです。

大胸筋とクーパー靭帯は、バストが垂れたり広がったりするのを防ぎ、形の美しいバストを作ってくれます。バストのハリを保ち、上向きの形のよいバストを作るためには重要な部分です。

Share on Facebook