運動

2012-12-11



成長ホルモンは思春期をピークにして、20歳くらいからは減少する一方です。このためほとんどの人は、20歳くらいから後はバストの大きさはそれほど変わりません。しかし、ラクトゲン受容体が普通に発達していれば、成長ホルモンの分泌を増やすことによって、20歳以降もバストアップは可能なのです。

成長ホルモンをアップさせるためには、運動が効果的です。成長ホルモンの分泌が盛んになるのは、夜中の睡眠中と、運動後の休息中の3時間くらいといわれています。

筋トレなどで筋肉に負荷がかかり、筋繊維に小さな断裂ができると、その修復のために成長ホルモンが分泌されます。効率的に成長ホルモンが分泌される運動としては、ゆっくりした筋トレや加圧トレーニングなどのほか、手軽にできるスクワットもいいでしょう。

筋肉に負荷をかけた後は、成長ホルモンの分泌を高めるために、休息をとることが大切です。また、成長ホルモンや筋肉の原料となるアミノ酸、特にアルギニンとオルニチンを摂ると効果的です。

Share on Facebook