睡眠とストレス

2012-12-11



ストレスは、自律神経の交感神経を緊張させ続け、自律神経に乱れを生じさせます。その結果、自律神経と密接に関わっているホルモン中枢にも影響が及び、女性ホルモン分泌が悪くなって、バストの成長を阻害したり萎ませたりすることになるのです。バストアップには、ストレスの上手な発散が大切です。

また、夜10時から翌2時の間は、成長ホルモンの分泌が盛んになる時間です。この時間にきちんと睡眠をとれば、成長ホルモンがバストアップのために働いてくれます。

睡眠は、時間と同時に質も大事です。ぐっすり眠るためには、就寝時に交感神経を興奮させないことです。食事は寝る2時間前までに済ませる、寝る直前までゲームやネットをしない、ぬるめのお湯の半身浴でリラックスするなどの工夫をしましょう。早寝早起きは、体内リズムを整えてよい睡眠に導いてくれます。

また、よい睡眠は自律神経を安定させ、女性ホルモンの分泌を盛んにします。乳腺を発達させると同時に脂肪も増やし、バストアップしてくれるのです。お肌のゴールデンタイムは、バストのゴールデンタイムでもあります。睡眠に勝る美容法はないのです。

Share on Facebook