ラクトゲン受容体

2012-12-11



同じような体型なのに、バストが大きい人と小さい人がいるのはなぜでしょう。バストが大きくなるには、ラクトゲン受容体というものが大きく関係しています。そして、ラクトゲン受容体には個人差があるからなのです。

ラクトゲン受容体とは、乳腺の中にある器官で、成長ホルモンの作用を受けてバストを大きくする働きがあります。バストはたいてい、12歳頃からの第二次性徴期(思春期)に成長しますが、ラクトゲン受容体はこの頃に作られます。そして、この時期には成長ホルモンも盛んに分泌され、ラクトゲン受容体に作用するため、バストが成長するのです。

しかしラクトゲン受容体は、必ずしも全ての人が思春期にできるわけではありません。30代になってようやくできる人もいれば、一生できない人もいるといわれています。それまでバストが小さかったのに、30代になってラクトゲン受容体ができたために、遅まきながらバストが大きくなり出したという人もいるわけです。


Share on Facebook