冷え性改善

2012-12-11



バストと冷え性の関係については、あまり取りざたされることはないようです。しかし、冷え性の人は血行が悪くなっており、体の各組織の機能が低下しています。影響を受けるのはバストも例外ではありません。栄養もホルモンも十分届かない状態では、バストアップ効果を期待するのは難しいといえます。

また冷え性の人は、生理不順や不妊など婦人科系疾患が多くなりますが、これは冷えが卵巣や子宮の機能を低下させるからです。このため、女性ホルモンの分泌が悪くなり、バストの成長も阻害することになります。

人間の体温の4割以上が筋肉によって生み出されていますが、冷え性の人は筋肉量が少ないことが多いようです。だから冷え性になりやすいともいえるのですが、筋肉が少ないということは、大胸筋も弱いと考えられます。

つまり冷え性の人は、バストが大きくなりにくい原因を多く抱えているといえるのです。冷え性になる原因は、ストレスや睡眠不足、食事や生活習慣、ダイエット、冷房、骨盤の歪みなどさまざまです。半身浴や運動、食事の改善、リンパマッサージ、骨盤矯正などで、冷え性の改善を優先する必要があります。

Share on Facebook