大胸筋を鍛える

2012-12-11



バストのハリや膨らみを保つには、バストの土台となっている大胸筋が重要です。大胸筋を鍛える運動で、最も一般的なのは腕立て伏せです。器具を使用するなら、ダンベルがいいでしょう。ダンベルは、無理をせずに自分に合った重さから始めることが大切です。

運動をした後、筋肉ができるには数日の時間が必要です。ですから、ある程度の強さの負荷をかける運動は、2、3日おきのペースで行うのが最適です。また、運動の後は休息をとることも大切です。この間に筋肉を作る成長ホルモンが分泌されるからです。

ただし筋肉の鍛え過ぎは、逆にバストを小さくする可能性もあります。筋肉が発達すると周囲の脂肪がどんどん燃焼され、脂肪がつきにくくなるからです。ふくよかなバストのためには、筋トレの頑張りすぎには気をつけたいものです。


Share on Facebook