大胸筋にきくエクササイズ

2012-12-11



大胸筋は、電車の吊り革を強く引っ張るだけでも負荷がかかります。最も手軽にできて誰もが知っている大胸筋エクササイズは、合掌のポーズでしょう。これはアイソメトリックというトレーニング法です。筋肉を伸ばしたり縮めたりする運動と違って、一つの動作を7~10秒程度の時間をかけてゆっくり行います。

合掌のポーズでは、胸の前で両手のひらを合わせ、肘を横に張ります。
両手のひらを思いきり押し合う状態を7~10秒間保ち、その後息をゆっくり吐きます。

もう一つ、簡単にできる大胸筋のアイソメトリックスエクササイズは、壁を押す運動です。壁に向かって背筋を伸ばして立ちます。腕を肩幅にして壁に手を付き、7~10秒ほど押した後元に戻ります。

大胸筋は背筋と繋がっています。ですから、バストアップには背中の筋肉を鍛えることも重要になります。両手の親指以外の指を胸の前で組み、肘を横に張って左右引っ張りあいながら7~10秒間保ちます。大胸筋や背筋は、胸を張って背中を反らすストレッチを行うだけでも、効果があります。

Share on Facebook